事務所テナントを借りるために知っておくべきこと

事業を始めるに当たってテナントを借りたいと思ったら、まずはテナントを借りるまでの流れを把握しましょう。おおまかな流れは賃貸住宅と変わりません。流れとしては、 ①開業したいお店のイメージを出来るだけ可能な限りイメージする ②家賃にかけられる金額を明確にする ③テナント探し④気に入ったテナントの見学⑤契約  といった流れです。特にどんなお店にしたい等、自分のイメージを出来る限り纏めておく事でテナント選びも迷いにくくなると思います。また、下見の際はチェックリストを活用すると他のテナントと比較しやすくなります。

関内 事務所選びならHama−Sho(浜杉商会)にお申し付けください。 3055

事務所テナントを借りる際のポイント

先ず、事務所テナントは、その物件がある地域の特性によって「駅前型」と「郊外型」の2種類があります。どちらも名前のとおり、駅からの近いことと、駅から離れた郊外にあることを言います。次に、これは事務所というより、テナントを借りる場合に該当するのですが、 内装の状態によって「スケルトン物件」「居抜き物件」にわかられます。スケルトン物件とは、内装設備が施されておらず、借人が自由にレイアウト可能な物件をいい、 居抜き物件とは、前の借主が施した内装設備が備わっている状態の物件をいいます。最後に、事務所テナントを借りる際の注意点の紹介です。賃貸借契約書に記載される契約面積には注意が必要です。専用使用面積であればよいですが、 時たまエレベーターなどの共有面積も含まれて記載されていることがあるため、しっかり契約書を読むことをおすすめします。解約予告期間にも注意が必要です。個人の賃貸借契約では、一般的に1ヶ月前に解約の意思表示をすれば良いのですが、 事業用の場合、6ヶ月前から長い場合には1年以上も前に予告しなければならないケースもあります。原状回復費用にも注意が必要です。どこまでが借主の責任の範囲なのか確認が必要です。事務所テナント賃貸は、個人の賃貸借契約とは、目的も条件も全くといいほど異なるため、 十分な知識を得たうえで契約したほうがよいでしょう。

Copyright ©All rights reserved.事務所テナントを借りるために知っておくべきこと.